みんなの看護師

看護師のあるある、看護師のニュース、看護師にお世話になった事など看護師に関する皆の思い出や意見をひたすら紹介するブログ。

看護師という職業の魅力について

看護師という職の魅力は、1にも2にもその安定性にあります。

医師を補助する医療職の需要は、景気がどうなろうが、もっといえば日本という国がどうあろうがなくならないので、ある意味公務員以上の安定性があります。

さらに、医師と違い、莫大なお金をかけなくてもなることが出来るので、コスト面でも有利です。

もちろん、仕事は厳しいですが、その分やりがいもありますし、給料もそれなりに高いです。

安定性、給料、やりがいが。ここまで高いレベルで安定している職業は、日本では看護師以外に数えるほどしかありません。

それを考えると、看護師はそうとう恵まれた職業だと言えるでしょう。



また、看護師には将来性もあります。

皆さんご存じのように、今の日本は少子高齢化が進んでいるので、高齢者がどんどん増えています。

高齢者は若者より病院に行く回数が多いので、看護師など医療職の需要が、これからの日本ではどんどん増えていきます。

なので、どこの病院でも看護師の求職は、売り手市場になることが予測されます。

これからの求職市場が、当分のあいだ売り手市場であることも、看護師という職業の魅力と言えるでしょう。


まとめると、看護師の魅力は、安定性、給料、やりがい、すべてを兼ね備えた職業であることと、将来性がある職業であることです。

これだけ高いレベルの魅力を兼ね備えている職業は、今の日本ではほとんどないでしょう。

看護師の問題点について

みなさんは看護師の問題点について考えた事はありますでしょうか?

きっと多くの方は看護師の問題点についてあまり考えた事がないと思います。



それはどうしてかというと、多くの人は看護師の問題点についてあまり考える必要がないからです。でも、これから看護師になろうと思っている人は看護師の問題点についてよく考える必要があると思います。



それはどうしてかというと、これから本気で看護師になろうと思うなら

看護師の問題点を考えないのは愚かな行為だからです。



ですから、これから看護師になろうと思うなら看護師という職業がどういう問題を持っているのか考える必要があります。



では、具体的に看護師の問点というのはどういうのがあるのかというと、

それは看護師の働き方というのがあります。



多くは夜勤と昼勤を交互に繰り返す働き方に大きな問題があります。

その理由は簡単でいくら夜勤をする前に十分な睡眠を取っていても

昼勤もしていると今度は夜勤で働いている時間に寝る事になります。



そういう働き方をして平気だと思う人もいるかと思いますが、

実際は体に大きな負担が掛かっています。



ですから、看護師の一番の問題点である夜勤と昼勤を繰り返す働き方を

なるべくしないようにしていくように考える必要があります。

遠くから見ていても気の毒だった看護師さん

交通事故で2カ月ほど入院していた際にさまざまな看護師さんの表情や一面を見かけることもありました。この際、現実に入院してみないと理解が困難な部分があります。

入院していた病室は、ほかにも数名の患者さんが過ごしていました。その中には物静かな人もいれば、愉快な人や騒がしい人もいます。

ご高齢の患者さんの中には看護師さんに世話されることを嫌う人がいました。その人は注射される際にも注射を嫌がって看護師さんを困らせていました。

看護師さんを嫌っているというよりは、純粋に注射を嫌う高齢の患者さんが多くいることを感じました。それでも文句を言うことが困難な看護師さんは、遠くから見ていても気の毒でした。

多くの患者さんの個性に応じて求められる対応の違いは大変な気遣いを求められます。多くの医療に関する知識だけではなく、人と接することが好きな人物であって、初めて看護師という仕事は続けていけるのではないかと考えさせてくれました。

苦しい仕事がたくさんあるのに、懸命な看護師さんを困らせることはしないように努力しようと思わせてくれました。

遠くから見ていても気の毒だった看護師さんはその後も同じ患者さんに注射をさせてくださいと頼み続けて、しばらくしてから承諾を得ることに成功していたので、こちらまで安心して胸を撫で下ろしました。

参考:【神奈川看護師求人】ナースjob

看護師さんの思い出

まだ小学5年生の頃に入院した時の話です。

初めての入院で、おまけに両親は付き添いしてくれないので、夜はたった一人。

心細いのと怖いのとで1人でベッドでシクシク泣いてたら、看護師さんが巡回の時に気付いてくれました。

『どうしたの?苦しい?』

と聞いた後に、察してくれたのか

『大丈夫。怖くないよ』

と背中を暫く撫でてくれていました。

その後またベッドに来てくれて

『眠れないならこっちおいで』

と、ナースステーションに入れてくれました。

何人か看護師さんがいて、お菓子をくれて話し相手になってくれました。

その看護師さんは地方から出てきた方で、自分も最初の頃は寮に住んでいて、心細くてよく泣いていたので、気持ちが分かるよって笑って話してくれました。

その看護師さんはとても優しい人で、それ以来よく声を掛けてくれて、看護師さんが夜勤の時はたまにナースステーションに招いてくれました。

当然の事ですが、私はその看護師さんが好きになってしまったのですが、子供だったのでどうしていいのかわからず、手紙を書いて気持ちを伝えました。

勿論ドラマやビデオの様な事は無しです(笑)

私が退院する日はその看護師はお休みで、見送りに来てくれて退院祝いに腕時計をくれました。

産婦人科で働いてみて

産婦人科で5年働きました。看護学校の時から、絶対「産婦人科」と決めていました。

勝手なイメージで。赤ちゃんやママなどふんわかした優しい世界を思い浮かべてました。

産婦人科は大変だと教官から聞いたときは、そうなんだとしか思いませんでした。

どこも大変なので、結局は自分が行きたい分野で働ければいいと皆思っていました。

産婦人科は激務でした。でも元気に生まれてきた赤ちゃんや幸せそうなお母さんを見ていると、心が温かくなりました。

でも、事情があって生まれてこれない子も沢山いると知って、悲しくなることも。

人が生まれてくることはこんなに尊いものだと分かりました。

少子化の世の中、産婦人科はどんどん閉院していきます。

悲しいことです。

お金がないから子供を持てないって変な世の中だと思います。

赤ちゃんは可愛いです。

産めば、ママもパパも頑張って育てます。

看護師をして沢山の赤ちゃんのお世話をしてきました。

看護師になって本当に良かったと思います。

自分もママになったので、今は看護師はお休みしています。

子供が小学校に上がったら、また産婦人科に戻りたいと思っています。

看護師は育児のブランクがあっても復職できるので女性には良い資格です。

参考:看護師求人-横浜市泉区の病院情報

心から看護師さんが天使に思えました。

私は初めての出産でトラブルが起きてしまい、陣痛中に緊急帝王切開で赤ちゃんを産みました。

大げさではなく本当に命からがら出産しました。

帝王切開で赤ちゃんはお腹から出されたのですが、赤ちゃんが大変危険な状態だったために大学病院に救急搬送されることになりました。

私は帝王切開したばかりなので身動きできず、赤ちゃんに旦那さんが付き添って救急車で運ばれて行きました。

それからは、毎日母乳を旦那さんに大学病院へ運んでもらいました。

その時に旦那さんが赤ちゃんに面会してビデオを撮影してきてくれるのですが、そのビデオを見るのが私の唯一の心の支えでした。

そのビデオの中では、私の母乳を哺乳瓶に移し替えて看護師さんが赤ちゃんに飲ませてくれていました。

優しく優しく話しかけながら、看護師さんは毎日何回も何回も赤ちゃんに飲ませてくれているようでした。

本当にありがたかったです。

私とは離れていますが、あんなに優しくてしっかりとした看護師さんに毎日見守っていただいていることにとても安心しました。

私は心の底から看護師さんのことを天使のように思いました。

初めて私が赤ちゃんに面会に行けた時に、ビデオの中の看護師さんにもお会いすることができました。

看護師さんは私の背中をさすりながら「お母さん、よく頑張られましたね。赤ちゃんも一生懸命頑張っていますよ。褒めてあげてください。」と言ってくださいました。

私はしばらく涙が止まりませんでした。

素晴らしい看護師さんとの出会いでした。

ひどい対応をした看護師さん

40歳前半の私。今までの人生で家族が病気になり長期入院し私が世話役で通った事が長期間にわたり三回はある。

思ったことはその病院の気質というかそういうのがあり上の人達がそうだと若い人たちが入ってきてもそういう気質になってしまうと思う。

今から20年以上と今はまた違うが、20年前、祖母が入院していた時の家族としての嫌な経験がある。祖母は夏場の暑さに負けすぐ退院できるつもりで入院したが、それが結局は死を迎える所となってしまった。

当時、パーキンソン病とは薬もなくなんともならないやっかいな病気。

頑固な祖母は看護師さん達にわがままを言ったり年の頭からか何度も何度もナースコールを押して看護師さん達を呼んでいたようだ。

確かに忙しい看護師さんたちはそういう態度の祖母は迷惑極まりないであろう。「うるさい」「邪魔」とかでも思っただろう。

夜中に散歩と暗い院内を車椅子に乗せられたどりついた所はリハビリのまっ暗い中部屋。その広いまっ暗い何もない部屋に祖母はたった一人っきりに置かれた。車椅子。体力もないので当然一人では歩けない。

これはまさにいじめ、いやがらせとしか考えられない。私の大好きな祖母。

こうやって夜中に何回かされていたと知り、腹わたがにえくりかえるほどだ。当時高校生だった私は何もできなかった。ただただ悔しい。大嫌い。それだけだ。

大事と思っている家族がいるのに看護師さんからしてみたらただの迷惑患者。人間としてみられてない祖母がとてもかわいそうだった。

そんな経験がありあの病院は大嫌い。ほんとに嫌い。二度といきたくない。年十年だっても嫌なことをされたことは頭の中から消えない。頭下げて謝れ。

もっと丁寧に扱いもっと長生きさせて欲しかった。