みんなの看護師

看護師のあるある、看護師のニュース、看護師にお世話になった事など看護師に関する皆の思い出や意見をひたすら紹介するブログ。

医療現場は人手不足

両親が続けて入院したため、病院通いが続いた時期がありました。

入院病棟に行くたびに思うことは、看護師がつかまらない、ということ。ナースステーションには誰もいないということもよくありました。

母は手術後、日常生活を送れるような訓練もかねて、食事は食堂でとるようなリハビリ病棟に入院していて、リハビリ病棟ではお見舞いに来られた方は原則介助はしないようにしてください、と言われていたのですが、実際は、トイレへの移動の付添いなどを看護師さんに頼まれたりしたほどです。

忙しそうで大変、ともう反面、傍目で見ていると、無駄な事務作業が多いのではないかと疑問に思うこともありました。

看護師の忙しさに少なからず影響しているのが、ハッピーマンデーだそうで、この制度が始まってから、連休がやたらと多くなり、病院も原則お休みになる、すると残りの数日でたとえば患者をお風呂に入れるなどの雑事を一斉にしなければいけなくなるし、連休明けの火曜日には患者や家族から一斉に声がかかるし、連休前後は本当に忙しいそうです。

夜勤もあるし、激務に耐えかねて職を離れる人も多い反面、需要が多く復帰もしやすいので、安定した仕事ではありますが、わがままな患者や家族も多いし、私にはとてもできない仕事です。