みんなの看護師

看護師のあるある、看護師のニュース、看護師にお世話になった事など看護師に関する皆の思い出や意見をひたすら紹介するブログ。

介護士から見て看護師の地位はかなり強い

以前に介護士として施設で働いていたときのことですが、看護師の地位がかなり強いと感じました。

例えば爪切り一つにとっても、介護士にできないことがあり、そこはグレーゾーンでどうにかするか、看護師に依頼しなければなりません。

喀痰吸引など、少しずつ介護士が出来る仕事の範囲も増えてきていますが、まだまだ看護師に頼ることが多いのが実情です。

一方で人員的には圧倒的に看護師の方が不足しておりますし、その分夜勤などでも無理なシフトを組まされることも多くあります。看護師が仕事量的にも大変なのはわかりますが、その分地位の高さとなっているのかもしれませんね。

夜勤手当の額などを知ると、かなりの差に愕然としました。

今でも求人誌を見ると、介護士と看護師で雲泥の差があります。もし進学を考えている方がいたら、看護を目指すというのは給与面から見ても良い選択だと思います。介護福祉士の資格を取っても、給与的にはあまりメリットが感じられないからです。



専門学校で見ると介護士は二年、看護師は三年かかりますが、この一年の違いは、実際に施設に入ると、かなり大きな差となって現れます。どうせ専門学校へ進学するなら、看護学校へ行った方が将来的にいい役職に就けると思います。