みんなの看護師

看護師のあるある、看護師のニュース、看護師にお世話になった事など看護師に関する皆の思い出や意見をひたすら紹介するブログ。

看護師の夢を叶えて、倒れた友人

旧友のお姉さんと久しぶりに再開しました。10年前に最後に会った際は、近くの病院に看護師として採用され、働き始めてもう慣れるのが大変!と言うバタバタした時期でした。その頃のイメージとは打って変わった形相で、「もう看護師はやめたの」と言われました。



看護師として再就職した当時、彼女は30歳。それまではOLとして事務職についていたのですが、小さい頃からの夢が再燃して一念発起、専門学校に通い直して、看護師の資格を取るために猛勉強したのです。私自身は全く別の分野の学生だったので、彼女の話を聞くたびに「そんなにハードなのか!」と身がすくみました。それを乗り越えつつ努力している彼女を、心底尊敬していたものです。



ですが再会後、彼女は「向いていなかった」と私に語りました。実習の頃から、看護師同士での人間関係の摩擦に心をすり減らし、さほど神経が太くない自分にやっていけるのかどうかと不安が大きかった、と言います。実際に就職してからもその傾向は疑うことがなく、また自分は30代の新人という特異な立場から、陰湿ないじめを一心に受けることになった…と。



「いじめとまでは言えなくても、確かに風当たりはいつもいつも強烈だった。それまで立ち向かって耐えていたけど、ある日ぷつんと突然、力が入らなくなってしまったの。」倒れて、しばらく自分が看病される側になってしまったというのです。小さい頃からの夢は一応かなえた形だから、私はもういいの、と寂しそうに笑いました。それでも私は、彼女を今でもずっと尊敬し続けています。