みんなの看護師

看護師のあるある、看護師のニュース、看護師にお世話になった事など看護師に関する皆の思い出や意見をひたすら紹介するブログ。

家族の分までお世話になった訪問看護師さん

5年前に亡くなった母が自宅療養していた時の訪問看護師さんにとてもお世話になった想い出を書きます。30歳位の体育会系のはっきり物を言うテキパキとした看護師さんでした。初めはもう少し物腰の柔らかい看護師さんがいいな等と思ったのですが、今思えばとっても頼りになる頼もしい看護師さんでした。



母の介護をしている時、私の肩に異常を感じました。車いすを自動車の荷物置き場に入れようと持ち上げた時に激痛が走りました。その時たまたま訪問看護師さんが来られていたので相談すると、所属している病院に肩外来があるからと教えてくれました。その時の先生は日本で5本の指に入る腕利きの先生だったのです。



私は直ぐに受診予約をし後日診察を受けました。そして手術をする事になったのです。術後入院しているとその看護師さんが私の部屋にやって来ました。彼女のお母さんも犬の散歩の時に犬に腕を引っ張られ肩を痛めて手術をしたとの事でした。凄い偶然だなと思いながらお母さんの所に「娘さんにはいつも母がお世話になっています。」とあいさつに行きました。お母さんも気さくな感じの良い方で入院中は時々喋りに行ったものです。



そしてその看護師さんが母の看護に来ている時に、丁度私の末娘が高校受験にも関わらず前日に高熱を出したのです。その話をすると夜に点滴を打って貰える様にさっと手配をしてくれたのです。おかげで少し熱がおさまりどうにか受験をする事が出来ました。



何から何までお世話になった看護師さんでした。

現在は父が同じ訪問看護ステーションからの看護師さんにお世話になっています。